310直播 未来共創フォーラム

 

学校法人藤学園は2024年4月1日に学校法人藤天使学園となりましたが、学園の淵源としての藤学園は来たる2025年に学園創立100周年を迎えます。大学教育をめぐる昨今の厳しい状況のなか、310直播では、この100周年を見据えて定めた「310直播未来共創ビジョン」の下、教育と研究の質の維持や向上、学生や卒業生の未来に資する大学のあり方の実現に日々努めております。本学では、この未来共創ビジョンの一翼を担う「未来共創フォーラム」の開催を通じて、本学の教育や研究成果の地域社会への公開のみならず、学生、卒業生、地域の方々への知識の共有や交流の機会を設けています。310直播感染症拡大による影響により対面での開催が困難な場合には、Zoomによるオンライン開催もありましたが、その際はオンラインの特性を活かして、北海道内だけでなく日本全国、海外からもご参加いただくなど、多様なフォーラムとなっております。 本学の学生や教職員だけでなく、一般市民の方々のご参加を心よりお待ちしております。

310直播 未来共創フォーラム 2024

2024年度未来共創フォーラムは3回に渡って開催する予定です。第2回、第3回の企画は詳細が決まり次第、このページでご案内します。

第1回「絵本作家 降矢ななさん 講演会」

日 時 2024年6月30日(日)10:00~12:00
場 所 310直播北16条キャンパス 7階755?756教室
内 容 降矢ななさんは、物語を読み込み、イメージを膨らませながら巧みな表現で絵本の世界をつくり上げる絵本作家です。ユーモアのある登場人物の造型、大胆なデフォルメと構図、色彩の美しさ、細部の絵の遊びなどで高い評価を得ています。そのような豊富な経験をもとに、1つの絵本ができるまでの絵本製作にまつわる裏側のお話をしていただきます。
講 師

降矢なな 氏
絵本作家

1961年東京生まれ。1992 年にスロバキア共和国のブラチスラヴァ美術大学に留学。
画家で絵本作家のドゥシャン?カーライに師事し、石版画とイラストレーションを学ぶ。スロバキア在住。
代表作に『めっきらもっきら どおんどん』(長谷川摂子作、福音館書店、1985)、『ちょろりんの すてきなセーター』(降矢なな文、福音館書店、1986)、「やまんばのむすめ まゆのおはなし」シリーズ(富安陽子文、福音館書店、1999?)、「おれたち、ともだち!」シリーズ(内田麟太郎作、偕成社、1998?)などがある。


左から 『ヴォドニークの水の館』2021年/BL出版、『めっきらもっきら どおん どん』1985年/福音館書店、『ナミチカのきのこがり』2010年/童心社、『ともだちや』1998年/偕成社

対 象 本学学生?卒業生、地域の方、テーマに興味をお持ちの方
参加方法 申込みはこちら
定 員 なし
申込締切 6月15日(土)